HOME >>> 掲示板

東京都院内感染対策強化事業

モバイル版

院内感染対策の担当者を応援します
掲示板ご利用上のお願い
「院内感染」に関する情報共有のための掲示板です。
ご質問・ご相談や、皆さんの病院での取り組みなど、積極的にご利用いただければ幸いです。
治療法の紹介等、「院内感染」に関係のない情報や、病院名や患者さんの個人情報を書き込まないようお願いいたします。
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  

17 / 50     ←次へ | 前へ→

Re:気管内吸引カテーテルの消毒について  プリュネル  - 13/2/21(木) 10:05 -

カエルさん、こんにちは。

吸引チューブの浸漬消毒に次亜塩素酸ナトリウムを使用してよいのか否かについては、1)の資料に以下のような記述があります。

『次亜塩素酸ナトリウムについては、有機物が存在すると急激にその濃度が低下し、その殺菌力も大きく不活化されます。そのため、気管内吸引チューブの消毒においては、消毒薬に喀痰などの有機物の混入が予想されることから、次亜塩素酸ナトリウム濃度が低下し、確実な殺菌効果が得られない可能性があります。』
上記のような理由から、8%エタノール添加0.1%塩化ベンザルコニウムでの消毒が推奨されているかと思います。

1) 尾家重治監修:ケンエー消毒薬Q&Aシリーズ1.ザルコニンA液0.1,健栄製薬株式会社,2003年

なお、上記1) の資料では、下記2)〜4)が参考文献として挙げられています。

2) 西野武志 他:消毒剤次亜塩素酸ナトリウム溶液の安定性及び殺菌力に対する塩化ナトリウム濃度の影響,化学療法の領域 15(10):1455-1466,1999.
3) 長谷川真理 他:血液,繊維の存在下での次亜塩素酸ナトリウム液の残留塩素の変動,静岡赤十字病院研究報 11(1):89-91,1991.
4)東 宏子 他:消毒薬の実験的評価〜血清添加の影響〜,医薬ジャーナル 30(11):2885-2890,1994.

確かにコスト面は重要ですが、殺菌効果が得られないのでは意味がありませんから、やはり推奨されているものを使うしかないのでしょうね。

ご参考になれば幸いです。


▼カエルさん:
>単回使用が原則の吸引カテーテルですが、同一患者に消毒して使用する場合の消毒液について教えてください。
>
>8%エタノール添加0.1%塩化ベンザルコニウムでの消毒が一般的かと思いますが、次亜塩素酸ナトリウム(ピューラックス)を希釈して使用することが推奨されていない理由はなんでしょうか?
>コスト面からすると次亜塩素酸ナトリウムを用いたいのですが・・


引用なし

パスワード



・ツリー全体表示

気管内吸引カテーテルの消毒について カエル 13/2/1(金) 16:17
Re:気管内吸引カテーテルの消毒について プリュネル 13/2/21(木) 10:05
Re:気管内吸引カテーテルの消毒について カエル 13/3/5(火) 13:44

17 / 50     ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  

 6462
ページ:  ┃  記事番号: