東京都医療安全自主管理促進事業

 

自主点検実施調査票(事前調査票)のご紹介

医療安全自主管理促進事業(平成22年度)

事業の狙い

本事業は、都内医療機関における医療安全対策(院内感染防止、医薬品安全管理及び医療機器安全管理を含む。)の推進を図るため、各医療機関の自主的な医療安全対策をより効率的、かつ質の高いものとするべく、各医療機関の体制整備状況及び対策の取組状況を効果的に点検する方法を提示することと、専門的な知識を有するアドバイザー(指導員)が医療機関を訪問し、院内スタッフとともに当該医療機関の安全管理体制について考え、その質の向上と客観性を確保することを目的として実施しました。

その背景には、安全な医療の提供は、本来、各医療機関が自ら行う不断の取組によって確保されるものであり、いかにしてその活性化や質の向上を図るかが重要であり、また、体制整備を進めていく上で、現場の実務を理解した上での改善に向けた助言や、様々な制約の中で考え得る具体的な工夫例の紹介など、行政機関による監視の方法ではなく、医療従事者同士が相互に支援し合う仕組みが必要であるとの現場レベルでの要請がありました。

このため、事業の実施にあたっては、診療現場での実務経験を有し、かつ、医療安全対策の分野の専門的知識をもったアドバイザーを確保するとともに、病院訪問においては、院内スタッフとともに当該医療機関の安全管理体制について考え、現実的にどのような取組や改善策が効果的かを助言し、スタッフを支援するということを基本姿勢とし、また将来的に病院間の相互訪問を可能とすることも視野に入れ、院外スタッフを活用した自主点検のモデル構築を目指すものとして実施しました。

病院訪問実施の際にアドバイザーが訪問先の情報をあらかじめ得ておくために使用した、事前調査票(別紙1〜別紙4)を紹介いたします。

事前調査票は病院訪問実施に先立ち、各協力病院に送付し、院内スタッフのみで自主点検を行い、訪問前に提出をお願いしたものです。

事前調査票は、自主点検実施調査票として、自院の自己チェックにご参考いただけるものと考え、ご紹介いたしますので、ぜひお役立ていただきたいと思います。